部分痩せに効果あり!脂肪を凍らせて除去する「脂肪冷却」の仕組み

エステ
rohes rindfleisch / uncooked beef
スポンサーリンク

部分痩せで注目されている脂肪冷却

ダイエットをしても痩せたい部分はそのままで、痩せたくない部分から先に痩せてしまうという人はとても多く、残しておきたい部分がやせてしまうことで、さらにプロポーションや全体のバランスが悪くなってしまうダイエットを繰り返している人もたくさんいます。

海外で人気の痩身術:脂肪冷却

二の腕やウエスト、お尻や太ももなど痩せたい部分だけの脂肪を減らしたいという人の間で最近大変注目されているのが脂肪冷却です。脂肪吸引とは異なり皮膚を切ることなく部分痩せができる話題の施術です。もともとは海外で広まった痩身技術で、施術後のダメージが少なく、痩身効果も実感できることから日本でも受ける人が増えてきている話題の施術です。
痩せたい部分をピンポイントで冷却することで、脂肪細胞を減少させる効果があり、脂肪細胞の数を減らすことができるため、リバウンドしにくいという特徴があります。

水と脂肪の性質は異なり、水は0℃で凍り始めるのに対して脂肪は4℃で凍り始めます。この凍る温度の差を利用したのが脂肪冷却施術です。
施術する部位を専用のマシンで吸引・冷却すると、他の組織にはダメージを与えずに脂肪だけを凍結します。
凍結した脂肪はアポトーシス(自然死滅)を起こし、老廃物として自然に排出されることによって脂肪減少効果が期待できるのです。

引用元:脂肪冷却施術のメカニズム

「水は0度で凍り、脂肪は4度で凍る」という原理を利用した脂肪冷却術

食事を制限するダイエットでは、脂肪細胞の数を減らすことはできず、ひとつひとつの脂肪細胞を小さくすることになるため、リバウンドをしやすいのですが、脂肪冷却は脂肪細胞の数自体を減少させることが可能なので、リバウンドしにくく、体のバランスを整えることができるというメリットがあります。痩せたい部分に手でつかむことができるほどの脂肪がついており、リバウンドしやく、見た目を美しく整えたいという人におすすめの方法です。
脂肪を減らしたい部分をピンポイントで冷却し、脂肪細胞を凍結させて排出させる方法です。脂肪細胞は水よりも高い4度で凍結し始める特徴があるため、皮膚や血液などにダメージを与えずに脂肪細胞だけを凍結させることが可能です。凍結した脂肪細胞は死滅し、体外に排出されていくことが脂肪冷却の仕組みです。死滅した脂肪細胞が体外に排出されるまでには、1~3か月ほどの時間がかかりますが、老廃物として排出されるため体への負担が少ないことがメリットです。

脂肪細胞自体の数が減る脂肪冷却の効果

凍結して死滅した脂肪細胞は、元の状態に戻ることはないので、脂肪細胞自体の数が減り、部分痩せをすることができます。皮膚に小さな穴をあけて脂肪細胞を吸引する脂肪吸引とは異なり、肌を傷つけることがなく、痛みを感じることや傷跡が残ることもありません。内出血であざができることがありますが、1週間程度で自然に消失して行きます。肌の上から痩せたい部分に機械をあてて冷やすだけなので、施術時間が短く、施術後はすぐに普段の生活を送ることができます。

効果を実感するのは1~3か月後

ダイエットをする辛さを感じることなく、脂肪細胞の数を減らすことができ、急激に痩せることはありませんが、1~3か月後には効果を実感することができるため、長期的にバランスの良いプロポーションを保ちたい人、つらい食事制限でのダイエットでは長続きしない人、一時的に痩せてもすぐにリバウンドをしてしまう人におすすめの方法です。

美容クリニックやエステサロンでも受けられる脂肪冷却

脂肪吸引は、美容外科などの医療クリニックでしか受けることができませんが、脂肪冷却は痩せたい部分を冷やすだけの方法なので、美容系のクリニックの他エステサロンでも受けることができる施術です。

海外セレブでの人気がある脂肪冷却がおすすめ!

施術時間が短く、体への負担も少ないため、美容整形に抵抗があるという人でも気軽に受けることができます。芸能人や美容関係者、美意識の高いセレブなどの間ではすでに当たり前になっているボディメンテナンスのひとつで、海外でも大変流行している話題の方法です。
脂肪冷却は、45分以上行うことで効果がある施術と言われているので、内側の脂肪までしっかりと冷却することができるように、1部位50分以上の冷却を行うサロンやクリニックであることを確かめてから、選ぶようにすることがおすすめです。事前にカウンセリングを受けて、脂肪冷却の方法や冷却時間を確認してから、費用などを比較して選ぶとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました