ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

部分痩せのために脂肪溶解注射をしよう

 

一人では大変。痩せるためには

痩せるためには、さまざまなチャレンジをした方もいるでしょう

食事制限をしてみることや運動をする習慣などを身につけるなど自分でできるダイエット法はさまざまです。

普段から食べすぎや飲みすぎ、慢性的な運動不足という場合には、食事制限や運動をする習慣を身につけることでも、スタイルの改善、体重を減らすということも可能です。

ですが、それを継続していくということがとても難しいというのも実情です。

最初のうちは、やる気もあり目標を立ててその目標に向かってダイエットをしてみても、途中できつくなってしまう、思うように痩せられず途中の段階で不満がでてしまい挫折してしまうというケースも少なくありません。

また、ただ痩せるというだけでなく部分痩せをしたいという方なども、自分が痩せたいと思う部分だけ脂肪を減らし引き締まった状態や痩せるためにいろいろと対策をしてみるという方もいるでしょう。

ですが、部分痩せというのは思いのほか結果が出にくかったり自分が思っていた部位ではない部分が痩せてしまったりと悩みはつきません


このように難しい部分痩せに関しては、自分で対策をするより、専門家を頼るというのも一つの方法です。

 

プロにお任せ!切らない痩身

脂肪溶解注射クールスカルプティングなど、美容外科プロの痩身に頼ってみるというのも有効な手段といえます。

脂肪を減らし痩せたいという場合に、脂肪吸引などの方法を思い浮かべる方もいるでしょう。

しかし、脂肪吸引などは体にメスを入れることですので、術中術後の不安もあります。

そういった方は切らない痩身方法を考えてみるというのはいかがでしょうか。

 

クールスカルプティング

クールスカルプティングというのは脂肪のみを凍らせて破壊し、自然に体外に排出するという施術です。

水は0℃で水から氷の結晶へと変わりますが、ラードなどの脂は常温でも固まり始めることでわかるように、脂は水よりも高い温度で凝固します。人間の体の基礎成分は、水です。細胞もその他の組織も、基本的には水で満たされています。皮膚も真皮は水が多いのです。血液だって水です。ところが、皮下組織の脂肪細胞は、水ではなく脂肪(油)が多く含まれます。 水と油、同時に冷やして行くと、どちらが先に凍るでしょうか。 油の方が水より先に凍り、固形化します。(ラードは常温では固形です。) クールスカルプティング(ゼルティック)は、油と水の融点(氷点)の違いを利用して、体の主成分の水を温存し、脂肪分だけを凝固させる温度で、皮膚を冷却します。

引用元:クールスカルプティング (ゼルティック)とは

しかし、クールスカルプティングはなどのデリケートな部分には使用できません。

 

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射では、自分が痩せたいと思う部位に対してピンポイントで脂肪を溶解させ老廃物として体外に排出するということができます。

さらに最近では使用される脂肪溶解剤もBNLSという安全な薬剤が使用されています。

BNLS neo(ビーネヌエルエス ネオ)の主成分は植物由来になります。BNLS neoは脂肪溶解作用、リンパ循環作用、肌の引き締め作用があります。 また、注入部位に痛み、浮腫、熱感がほとんど発生しないように配慮されて製造されています。そのためダウンタイムの少ない施術方法です。

引用元:BNLS neo(脂肪溶解注射)

女性の場合には、お腹まわりであったり、太ももなどについた脂肪などを減らしスリムになりたいという方もいるでしょう。

ですが、自分で対策をしてもなかなかうまくいくものではありません。そのため、脂肪溶解注射によって自分が痩せたい部分に対してピンポイントで行える点は、大きなメリットといえるでしょう。

脂肪溶解注射はまぶたなど顔の細かなパーツに使用することもできます

小顔注射とも言われる、あごに施術する方法も人気です。

脂肪がなくなるとたるんだり、ぶよぶよしないかと不安な方もいるかと思いますが、薬剤であるBNLSには引き締め効果もあるため安心です。

また、脂肪吸引などの場合には、多くの脂肪を除去できる点はメリットといえますが、メスで切開するなどの必要がでてきます。

体に傷がつくという点などがデメリットといえるでしょう。

この点、注射を打つことにより体外に脂肪を排出するパターンなら、肌をわざわざメスによる切開をする必要もなく、肌に対して傷などがほとんど残らないという点もメリットの一つといえます。


人によって悩みはさまざまですが、痩せたいという方などは世の中でみれば多くの方が望んでいることでもあります。

 

無理せずキレイになるために

できるだけスタイルをよくしたい、きれいに痩せたいという方もいるでしょう。

そのため、さまざまなダイエット法などが世の中にあふれていますが、自分にあったダイエット法を見つけるということも重要です。

無理をしすぎないということ、リバウンドを防ぐ意味でも継続していけるダイエット法を探すということも必要だといえます。

自分のダイエットに関する目的などにもよりますが、どのような目的で痩せたいのか、目標の内容によってもダイエットの内容なども違いがでてきます。

部分痩せをするというなら、その部位に合わせていろいろと自分なりに対策をしてみること、うまくいかない場合には専門家を頼り部分痩せを成功させましょう。

 

基本的に、ダイエットをするという場合には過度な負担をかけないということも重要です。

体調を崩してしまうような内容のダイエットは控えること、継続的にできるダイエット、マイペースに行える方法を考えてみるなど自分でできる範囲で対策をするということが大切だといえます。

最終更新日

bnls , たるんだ , まぶた , クリニック , クールスカルプティング , ダイエット , 切らない , 効果 , 太もも , 痩身 , 美容外科 , 脂肪 , 脂肪吸引 , 脂肪吸引法 , 脂肪溶解注射 , , 運動不足 , , 食事制限 ,