ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

部分痩せをするために。セルライト対策

ダイエットをしたいという場合には、体重を減らすという点だけでなく、自身が気になる部位などを中心に痩せたいと思う方もいるでしょう。

ですが、部分痩せなどをしたいと思ってもなかなかうまくいかないことで悩んでしまうこともあります。

実際、部分痩せはテレビなどで取り上げられてはいても、非常に難しいといわれています。

詳しくはこちらをご覧ください。

特に、お腹、お尻、ふくらはぎ太ももなどに関してはセルライトなどができやすく、これができてしまうと見た目的にも肌がでこぼことした凹凸などが目立ってしまい、できれば改善したいところです。

エステでセルライト対策

セルライト対策としてエステなどに通ってみるというのが、方法としては適しているといえるでしょう。

脂肪を落とすというだけなら、自身で食事制限や運動をすることである程度対策をすることも可能ですが、セルライトの場合には、自身で対処するよりも、きちんとエステなどで専門のスタッフに対応してもらうことが大切です。

セルライト除去に近年効果があるとされるエステの機械といえばキャビテーションが人気です。

痩身エステのキャビテーションは、体外から脂肪細胞にのみ働きかける特殊な周波数を与えることで、脂肪細胞を分解します。分解され体内に溶け出した脂肪は老廃物となり、リンパや血液を通じて体外に排出されていきます。 血液やリンパの流れをスムーズにすることで、代謝を高めたり、むくみを解消する効果もあるといわれています。 固くなってしまったセルライトを柔らかくする、ともいわれており、肌表面に現れる凹凸を整える効果も期待されているのです。

引用元:キャビテーションってそもそも何?

キャビテーションは痩身だけでなく、セルライトの除去にも効果的で、痩せたい部分にピンポイントで施術することで部分痩せをかなえることができるとされています。

FITPADなど家でできる家庭用キャビテーション器具も販売されています。

40kHzの周波数がプロ仕様として人気な様子です。

自宅でもできるようになり、口コミを見ると出来れば毎日でもやりたいキャビテーションですが、副作用としてその強い効果から肝臓に負担がかかるためやり過ぎには注意が必要です。

キャビテーションの仕組み上、少なからず肝臓に負担がかかることは事実です。一度キャビテーションを行うと、脂肪細胞が分解されます。それはいずれ排出されるのですが、リンパに乗って辿り着く先は肝臓です。ここで排出の処理をするため、脂肪が分解されればされるほど、肝臓に負担がかかります。キャビテーションが毎日続けられずに間を置くのは、この肝臓を休ませるためでもあります。

引用元:肝臓の負担を感じるのは稀。施術後3~4日で通常運転に戻る

どれくらいやったら効果が出たかなどをまとめたブログも最近は多いですのでそちらも参考に、自分の体と相談しながら使用するようにしましょう

 

生活改善で痩せる!

また、セルライトを予防するためにも生活習慣や食生活の改善をしていくことも必要です。

基本的に、肥満にならないように食事の量を適量にすることや偏りのある食事をしないように心がけることも大切だといえるでしょう。

食事の量が多いと、どうしても太りやすい状況となりがちです。普段の食事をチェックして食事量が適切かどうかチェックしてみましょう。

また、偏りがある食生活は、栄養バランスが乱れてしまい、体の機能的な面からもあまりよくありません。

基本的に、バランスよく栄養が摂れるように自炊などをしていろいろと食材を使い、栄養バランスのとれた食事を心がけていきましょう

それ以外にも、適度な運動というのも大切です。運動不足という場合には、ウォーキングなど気軽に始められる運動から始めてみるといいでしょう。

運動を普段からあまりしていないということは、体力的、筋力的にも低下している可能性があります。

激しい運動をしてしまうと体に対しての負担が大きくなる点からも最初はあまり無理をしない程度に運動をしておき、体を慣らしていくことも大切です。

また、部分痩せをしたいならば、気になる部位を中心に筋力トレーニングストレッチなどをしてみるというのも効果が期待できる場合があります。

適度に筋力トレーニングをすることで筋肉がつき、適度に体を引き締めることにもなるでしょう。

その他にも、お風呂あがりにマッサージをしてみるなどもある程度効果が期待できます。

自分で、いろいろと対策をしてみるということも大切ですが、なかなかうまくいかないという場合には、エステでいろいろとアドバイスを受けてみるというのもいいでしょう。

セルライトに関してお店のスタッフに対応してもらうついでに、生活上、食生活や生活習慣について適切なアドバイスなどがもらえれば、それを参考にしながら対策をすることができます。

 

ジムでトレーニングする

また、エステ以外にもジムに通ってみるというのも有効です

ジムではさまざまなトレーニング器具などもあり、自分が引き締めたい部位などを中心に鍛えてみることもできます。

ジムなら、自分以外にも通っている方などもいるためトレーニング目的であっても、ジム内で他の方との交流を深めることもできるでしょう。

人とのつながりが増えるというのも、メリットの一つです。

 

 

まとめ


このように、部分痩せしたいという場合には、さまざまな方法があり自分なりにどのような方法が適しているのか判断してみることが大切だといえます。

ダイエットをするというのは、それなりに根気のいるものですが、最も重要なのは、継続していくことです。

短期間で頑張ったとしてもその後、リバウンドしてしまっては意味がありません。

基本的には、長期的に継続できるダイエットというのが最も望ましいといえます。無理をせずマイペースに頑張ってみましょう。

最終更新日

40kHz , FITPAD , ふくらはぎ , やり過ぎ , エクササイズ , エステ  , エステサロン , キャビテーション , クリニック , セルライト , ダイエット , ブログ , ボディメイク , 写真 , 副作用 , 効果 , 効果なし , 口コミ , 太もも , 太股 , 家庭用 , 持続 , 有酸素運動 , 毎日 , 炭水化物ダイエット , 痩せた , 痩せる , 自宅 , 部分痩せ , 除去 , 食事制限