痩身エステは効果ある?フル活用で健康的かつ効果的にダイエット

トピックス
スポンサーリンク

痩身エステでダイエット?

一人でのダイエットに限界を感じたらプロに頼ることができますし、美容のプロであるエステサロンは心強い味方です。痩身メニューにはいくつもの種類が用意されているため、本人に合った施術で着実に体重を落として引き締めて行くことができます。昔ながらのハンドメニューに最新痩身マシンでの施術、体内からポカポカと温めることで痩身効果の施術もサロンメニューのひとつです。

気になる痩身エステの効果

老廃物の排出やむくみの改善に効果あり

長く愛され続ける定番の方法は痩身マッサージであり、人間の手で行うハンドメニューになります。滑りをよくするオイルやクリームを塗布して、リンパマッサージを行うことで、体内に留まりやすい老廃物や不要な水分を排出させるので、むくみ太りにも効果的です。痩身エステって効果ないんじゃないの?意味ないんじゃないの?と悩まれている方も、エステサロンには多くのお得な体験メニューが用意されているので、ぜひ活用して体験してみるのがおすすめです。口コミや体験談、値段の安いコスパの良いお店など調査してみるのもよい方法です。

リンパの流れ改善でサイズダウン?

リンパの流れをよくすることは思うより重要であり、それにより代謝は着実に高まりますのでダイエット効果があり、それによる全身の血液の巡りも良くなります。横になってマッサージを受けるだけのお手軽ケアですが、施術前と施術後のメジャー測定で数字の違いに驚くほど、サイズダウンにも効果が高く痩せる事を目的として施術を受けているので、その結果に満足するはずです。

様々な効果が期待できる痩身マシン

現代では最新の痩身マシンを採用するサロンは多く、ハンドメニューに引けを取らない結果を導き出します。施術ベッドに寝ているだけで筋トレをした時と同様の効果があるマシンや、吸引をすることで脂肪を柔らかくして、排出させやすくするマシンもあるため、かなり結果にも期待できる機器が多いです。まだ体験したことない方は一度体験してみるのをおすすめします。

気になる二の腕やヒップに太ももなど、自力で細くするのは困難な場所も無理なくピンポイントでサイズダウンできるマシンもあります。また全身対応のマシンもあるので、痩身エステを利用する前に、どのようなマシンを導入しているか、リサーチをしておくのも痩身エステサロンを選ぶうえで良い方法です。

代謝改善で冷え性対策

冷え性の悩みを抱える女子は多いですが、冷えのために体内の代謝が悪いと、自己流で頑張ってもなかなか痩せる事ができず体重は落ちません。そこで体の中から温めることで代謝を高めて、痩身効果をアップさせる温浴痩身エステが味方です。ハーブ温浴やゲルマニウム温浴などのメニューがあるので、無理なく冷えを改善しながら代謝を高めることができます。

アロマの香りは癒されますがその効果を活用したハーブを蒸すのがハーブ温浴であり、身体に蒸気をあてる方法です。デトックス効果にも長けているのはゲルマニウム温浴であり、お湯の中に手足を数十分入れて心地よい時間を過ごすことができます。

プロのアドバイスで生活習慣も改善できる

施術前のホットドリンクでより効果的に

痩身エステは痩せてキレイになる知識と技術を持ったプロ集団であり、エステを活用してその効果を持続させるためにも、プロのアドバイスを元に日頃の生活習慣も見直すことがおすすめです。施術により脂肪燃焼を良くさせるのもサロン通いの良い点であり、よりダイエット効果や発汗量を高めるためにもサロン来店前には、温かい飲み物を飲んでおきます。特にキャビテーションを受ける予約をしているなら、白湯などを飲んでおくことで脂肪をより排出させやすいです。生姜を入れた紅茶のジンジャーティーなどは、芯からポカポカしていきます。

意識的な水分摂取が重要

ホットドリンクだけではなく、日頃から水分摂取を心掛けることです。砂糖たっぷりの清涼飲料水やスポーツドリンク、ビール類のアルコールなどではありません。混ざり物を含まないシンプルな水のことであり、常温のミネラルウォーターを1日かけてこまめに飲むなど、水分を適度に摂取することも痩身メニューの効果を高めるためです。真夏にはキンキンに冷えた飲み物が美味しいですが、痩身効果を下げてしまうので、痩身エステの施術前には夏でもできるだけ常温の水を意識します。

施術後の空腹に要注意

サロンで痩身エステのメニューを受けた後は、通常よりも空腹感を強く感じる事がありますが、食事は2時間から3時間は控えるのも成功の秘訣です。しっかりと施術を受けた後の身体の中では、老廃物や余計な水分が排出をしやすくなっています。出ていくのはうれしいですが、一時的に空腹状態が強まるので、そのタイミングで食べると余計に脂肪になりやすいです。2時間から3時間は食べるのは我慢ですが、水や白湯を飲んで空腹を紛らわすことです。

 

タイトルとURLをコピーしました