生活に取り入れよう!簡単ダイエット習慣で理想の体型へ

トピックス
スポンサーリンク

無理のないダイエットが成功への近道

食べるのが大好きな人はたくさんいて、その反面でをして痩せたい気持ちを持つ人も少なくはありません。太るのは簡単だけれども、痩せるのはすごく大変というのが、一般的に考えられていることです。無理がある厳しいやり方ではなく、大きなストレスのない簡単な方法だったら、食事制限や、運動続くのでダイエットに取り組んだ成功率も高くなります。食べるのは駄目とか激しい運動が必要になるなど、厳しい条件を課すことで挫折しやすいですし、面倒なことほど続けることは出来ません。短期的な目線ではなく長期的な視点で痩せる計画を立て、継続的な習慣にすることが重要です。

少しの工夫で健康的に痩せよう

健康的に痩せるためにも、食事と適度な運動に取り組む必要があります。加えて睡眠不足は太りやすい要因ですから、質の良い睡眠を確保することも意外と重要でおすすめです。食べ過ぎて太ってしまう人にとって、食べることに厳しい制限をおくと、それが強いストレスになります。食べ方に意識を向けて、まず始めたいのが、食事は野菜から食べる順番です。すぐできるし簡単なことですが、野菜から食べ始めることは成功のファーストステップでもあります。

食べる順番が与えるダイエットの影響

いきなりご飯や麺類にパンを食べると、一気に血糖値が急上昇をして、食べた後すぐにお腹が減って、さらに食べたくなってしまうためです。新鮮な酵素たっぷりの野菜サラダをはじめに食べたり、キャベツの千切りを食べたり、大根おろしを食べても構いません。次に魚や肉を食べてから、最後に炭水化物を食べますがお腹も満たされるので、それほど多く白米や麺類を食べる事態にはならないはずです。これにより満腹感もあり、思ったよりも楽に食事制限ができるようになります。

ダイエットには息抜きも大事

おやつは完全にNGにはしないで、午前中に200キロカロリーまでならOKとか、週に1回は好きなスイーツを食べてもいいなど、自分にも少しだけ甘くしても構いません。短期間の制限なら問題ないかもしれませんが、長期的なダイエットではそのストレスが後に大きくのしかかります。続くダイエットをするには客観的に自分にもご褒美を上げることが必要です。

咀嚼を意識して摂取カロリーをコントロール

咀嚼を意識するのも大事であり、ひと口口に入れたら30回ほど噛んで、その間は箸をおく習慣をつけるだけでも、食べ過ぎ防止になりますし満腹感を感じやすいです。味気無い料理を毎回食べるのは食事の楽しみが半減しますし、量や見た目に味わいにも満足できないこともあります。

でも咀嚼をすることや食べる順番を意識すること、こうした簡単かつ楽ですぐにできることを実践すると、過度に食べ過ぎることは無くなります。身体は十分な健康維持に必要な栄養が入ってくれば、そもそもそれ以上食べろとは要求しないからです。ドラッグストアには数多くのダイエット食品は陳列されていて、置き換えドリンクも豊富ですが、意外と空腹感が強くて挫折をしやすいですが、いつもの食事への意識を変えたほうが効果的でありダイエット成功率は高くなりますのでおすすめです。

スポーツは不要!ダイエットにはちょっとした運動を意識

運動を生活の中に取り入れよう!

太りやすい人は運動嫌いなケースが多く、減量のために苦手なスポーツを始めるのは、挫折のリスクを高めるばかりです。スポーツをしないと痩せないわけではなく、摂取カロリー以上に体を動かすのが大事なことなので、ジム通いなども特に必要はありません。通勤時に一駅分歩くとか、買い物をしなくてもお店を見るだけの、ウィンドウショッピングで歩くなど、自分にストレスがかからない楽な運動が継続的に痩せるにはとても重要です。それにとにかく歩くようにするだけなら簡単に取り組めます。

家事も意識を変えればダイエットのための運動

街中を歩き回るだけではなく、家にいても掃除をしたりすれば、見事にカロリーは消費をされます。要はダイエットのために特別な運動をするのではなく、生活の中で無理なくできることを続けて、楽にカロリー消費を多くすることを意識しましょう。

スポーツをするのではなく、ちょっとした意識とこまめに動く習慣が結果的に体重を落としやすくします。痩せるためには筋肉も必要なので、余裕のある方や効果的なダイエットに取り組みたい方、どうしても短期間で効果を出したい方は軽い筋トレをするのも良い方法です。

足や腰に負担にならない簡単なスクワットや腕立て伏せを、数回毎日やるだけでも違います。これまでの食事と運動習慣を見直して、さらに睡眠をきちんととることも、ダイエット成功の秘訣です。寝る前にしっかり食べ過ぎると睡眠の質が下がるので、数時間前には食事を終わらせて、お風呂でリラックスをしてお布団に入りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました