痩身エステ並みの効果が期待できるキャビテーションとは

トピックス
スポンサーリンク

尽きないダイエットの悩み!

  • 摂取カロリーを減らすために食事制限をすると普段通りの食事の量に戻した途端に大きくリバウンドする。
  • 糖質制限や脂質制限をすると食べたいものが食べられないストレスが強くてドカ食いに走ってしまうことがある。
  • 体が硬くて可動域も狭くて運動神経も悪いので筋トレやウォーキングやランニングを長続きさせることが出来ない。
  • 停滞期に突入すると一気にやる気が失われてあきらめモードになってしまい脱出することが出来ない。
  • 上半身はすぐに痩せられるのに下半身はむくみセルライトのせいでなかなか痩せられない。

少し考えるだけでも、ダイエットにまつわる悩みは絶えません。

人生における永遠のテーマとなっているという方も多いのではないでしょうか。

そんな方の悩みに寄り添いダイエットを多角的なアプローチでサポートしてくれるのが、サロンの痩身エステです

ダイエットの救世主!痩身エステ

痩身エステの施術メニューには様々なものがあります。

  • 脂肪を分解させて体外に排出させる作用があり部分痩せにも最適なキャビテーション
  • リンパ液や血液の流れを促進させて痩せやすく太りにくいめぐりの良い体質をつくることが出来るリンパドレナージュやゲルマニウム温浴。
  • 下半身のむくみやセルライトが生じにくい体質に導くための骨盤矯正。
  • 脂肪を燃焼させたりセルライトを除去したり凹凸の無い滑らかなボディラインに導いたりなどの効果が期待できるラジオ波
  • 筋肉にアプローチすることが出来て筋トレと同様の効果をもたらしてくれるEMS。

しかし、即効性が得られるものも多く強力なダイエット効果を実感することが出来るので、それなりに費用もかかります。

エステティックサロンの施術は1回受けただけでも確かな違いがありますが、完璧な美ボディを目指すためには通い続けて定期的に施術を受けなければなりません。

痩せたいけど経済的な負担が生じるので利用するのをためらっているという方も多いでしょう。

お薦め!痩身エステのキャビテーション

そこでおすすめの施術が、痩身エステの「キャビテーションなのです。

多くのエステではキャビテーションの施術を行っていますが、これは中性脂肪を体の外に出す施術です。特殊な超音波を照射して施術を行うのです。超音波を使用した施術は他にもHIFUなどがありますが、違いとしてはHIFUは強い超音波をピンポイントであてることに対して、キャビテーションは40khzの弱い超音波を広い範囲に照射します。

これにより広い範囲への効果を期待できるのです。多くの痩身エステには超音波が放出されるマシンがあります。気になる箇所に超音波を当てて、余分な脂肪を体の外に出してあげる訳ですが、基本的には脂肪細胞を破壊する事になるのです。

その特殊な超音波を当てますと、脂肪細胞の中に気泡が作られます。この気泡により、最終的には細胞も破壊されるのですが、その際に細胞膜が破けるのです。膜の中には中性脂肪が入っていますが、その脂肪によって体が太く見えてしまうのです。

しかも、この膜には老廃物がたまり、セルライトになって皮膚の表面がデコボコしたり硬くなって脂肪が落ちにくくなってしまいます。しかし超音波によって膜が破けると、中にある中性脂肪も体の外に出てくれます。余分な物が体の外に排出されれば、見た目もスリムになる効果期待できるのです。ただしただ超音波を照射しただけでは、効果は限定されてしまいます。確かに脂肪細胞は破壊されますが、それが体の中に残ったままの状態では、あまり意味がありません。

破壊するだけでなく、体の外に出してあげる必要があります。ですから多くの痩身エステでは、リンパマッサージなどを行っているのです。マッサージで刺激を与えて、中性脂肪を体の外に出すよう促す施術が行われています。

キャビテーションなら確実に痩せられるかも!メリットも豊富

体をスリムにしたい方々は、しばしば他の方法を試みていますが、なかなか上手くいかない事も多いです。例えば運動に励んでいる方も多いですが、日々体を動かし続けても、なかなか痩せてくれない事があります。ところが上述の超音波を照射する施術ですと、体の中にある脂肪を確実に減らせるのです。

運動よりも多くの脂肪を減らす事ができます。しかもキャビテーションには、リバウンドに対するメリットがあるのです。そもそも痩せたい時には、食事制限に励んでみる方法もあります。確かに食事の量を減らしてあげれば、脂肪の量を減らす事も可能です。体の中で脂肪を作る為には、原材料を確保する必要があります。

体の中には脂肪の生産工場があるのですが、工場が脂肪を作る為にも、栄養分という材料が必要なのです。ですから食事の量を減らせば、体の中の脂肪の量を減らす事はできます。ところが食事制限のダイエットを頑張った後に、また体重が元通りになってしまうケースも多いです。

食事を我慢した方々は、食べ過ぎてしまっている事があります。数日間食事を我慢していたので、大量に食べてしまう方も少なくありません。ですが大量に食べれば、もちろん体脂肪率は元に戻ってしまいます。それに対して上述の超音波の施術は、リバウンドする確率は非常に低いです中性脂肪の量自体を減らすので、体重や体脂肪率は元通りになりづらい傾向があります。

またキャビテーションには、部分痩せに関するメリットもあります。一部分だけをスリムにする事も可能です。痩せたい方々は運動に励んでいることも多いですが、必ずしも一部分だけをスリムできるとは限りません。例えば足をスリムにしたいので運動に励んでいるとします。

それで日々ジョギングに励んでいる方も多いですが、それで足だけが細くなるとは限りません。足だけでなく、他のパーツまで細くなってしまう傾向があります。それで体形のバランスが崩れてしまう事も少なくありません。

ところが上述の超音波を照射する施術の場合は、1箇所だけに働きかけるのです。例えば足だけをスリムにしたい時には、足というパーツだけに超音波を当てる事になり、他のパーツには当てません。足に超音波を照射すれば、足にある中性脂肪だけを減らす事ができますから、部分痩せも十分可能です。

もしくは二の腕だけに超音波を照射する事もできます。他の方法と違って、一部分だけをスリムにするには最適なのです。

自力で痩せるならヨガや筋トレ、体操も

ホームケアとして積極的に行うべきものとしては、ストレッチやヨガや筋トレや体操などの家の中で簡単に行える運動、フォームローラーで筋膜リリースをして痩せやすい体質をつくる、血行を促進させてむくみを取り除いたりセルライトを予防したりするためのマッサージなどがあります

ダイエットとして運動を始める場合、トレーニングジムに入会したりヨガのレッスンを受けたりしなければならないこと、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動に時間をかけなければならないなどのストレスやプレッシャーや義務感が大きくなりがちですが、自宅でいつでも気軽に行うことが出来る運動は意外と多いです。

おすすめの運動としては、血行を促進させて凝り固まった筋肉を柔らかくほぐすことが出来るストレッチ、骨盤の歪みを整えることが出来る体操腹筋腕立て伏せスクワットなどの自分の体重を負荷として行うことが出来る筋トレ筋トレとストレッチを両立させることが出来るヨガなどがあります。

これらの運動を行う前にフォームローラーを用いて筋膜リリースをしておくと、体がスムーズに動きます。

可動域が広がって体が柔らかくなるので、筋肉痛や筋肉疲労を予防する効果も期待できます

マッサージは、血液やリンパ液の流れを促進させることが出来るので、むくみ解消やセルライト予防に最適です。

スリミング効果が期待できるクリームやオイルをたっぷりと塗り、滑りを良くして摩擦が生じない状態で行うのがベストです。

リンパの流れを意識しつつ、溜まっている老廃物を押し流すような感じで少し強めにアプローチするのがポイントです。

アロマの良い香りがするクリームやオイルを選べば、ホームケアの時間が癒しの時間にもなります

お金をかけずに手間をかけて理想の美ボディを手に入れましょう。

自宅でできる家庭用キャビテーションも効果あり!

キャビテーションは弱い超音波を使用した機械です。そのため扱いやすく、自宅で手軽にできる家庭用キャビテーション機器も販売されています。エステに通うのは費用も高いし、数回では効果なしに思えてせっかく初めても続かないという人もいるかと思いますが、家にあれば気が向いたときにすぐ行うことができます。

気になる回りを集中してケアしたり、毎日エステ気分になることだってできるのです。費用だって、何度もエステに通うことに比べたら非常に安いです。エステではどれくらいの頻度で通う必要があるかというと、2~3週間に一度です。クリニックやエステによって費用は変わりますが一回の施術が5000円前後だとすると、年間10万円以上かかることになります。

もちろんその分密度の高いケアや専門的な相談もできるメリットはあるのですが、キャビテーションだけを受けたいという人にとっては確実に家庭用を購入した方がいいと思います。もしこれからエステでキャビテーションの施術を検討している人にも手軽に体験できるのでおすすめです。しかし、いくら毎日できるからといって、あまりに頻度が高いとやり過ぎです。キャビテーションは脂肪を溶かして排泄するものなのでそのたびに脂肪をろ過する肝臓に負担がかかります。肝臓に悪い副作用がでないように、制限する必要があります

効果は2週間程度続きますので、エステと同じくらいの頻度でケアするといいです。

タイトルとURLをコピーしました